古本と古書の違い

お金を持っている男性

現在はあらゆるところに古本の買い取りをおこなってくれるサービスがあります。
みなさんも1度は利用したことがあるのではないでしょうか。
もう読まなくなってしまった本を店頭に持っていくことで、お金と引き換えに買い取ってくれるのです。
こうすることで、ただ捨ててしまうところだった本をお金にすることができるため、私たちにとっては一石二鳥なサービスとなっています。
しかし、古本買い取り店に持っていっても、なかなか買い取ってもらえない本もありますよね。
いわゆる古書と呼ばれるものです。
親や祖父の時代からある本などは古書と呼ばれることも多く、こういった本の場合、通常の古本買い取り店では引き取ってもらえないことが多いです。
そこでまず古本と古書の違いをしっかり知っておきましょう。
古本なのか古書なのかによって、買い取りを依頼する店舗が変わってくるのです。

まずみなさんにも馴染みのある古本ですが、これは現在販売されている、または出版社にも在庫が残っているものを指します。
品切れとなって間もないものであれば、ギリギリ古本の範囲内に含まれるでしょう。
一方で古書というのは、すでに絶版となってから何年も月日が経ってしまっているものを指します。
一般的な古本買い取り店の場合、古書に関しての買い取りを一切おこなっていないという店舗は多いです。
あまりに古すぎる本を持っていった場合に断られてしまうのは、それが古書だったからというケースも少なくないのです。