電卓とお金

古本と古書の違い

お金を持っている男性

みなさんは古本と古書の違いをご存知でしょうか。古本はまだ比較的新しいものを指しますが、古書の場合は絶版となってから何年も経ってしまっているものを指します。それぞれで買い取りをしてくれる店舗が変わるので注意しましょう。

Read more

読まない本は買い取りへ

お金のジェスチャー

若者の活字離れが問題となっている現代ですが、それでもなお本というのは多くの人が読んでいるものかと思います。
もしくは親が読書を趣味としており、実家に山ほど本が並んでいるという場合もあるでしょう。
本は知識の宝庫です。
さまざまなジャンルの本を読むことで、見聞を広めていくことができるのです。
しかし、いくら読書好きな方でも、家に置いておける冊数には限度があるかと思います。
書斎があるような豪邸なら話は別ですが、通常の家では本棚を並べられる範囲も限られてきます。
そこで、読まなくなった本を捨てるということもあるはずです。
大掃除や引っ越しの際、ひとつの区切りとして本をゴミに出す家庭も多いのではないでしょうか。
しかし、どうせ捨てるのであれば、それがお金になれば得だと思いませんか?

現在はさまざまなものに対して、買い取りサービスが実施されています。
本に関しても、日本全国のいたるところに古本買い取り店があることはみなさんご存知でしょう。
そういった買い取り店でいらなくなった本を売ってしまえば、いくらかのお金を手にすることができますよ。
買い取りを依頼するうえで問題となってくるのが古書の場合です。
出版されて間もないものであれば、買い取りをおこなってくれることが多いですが、古書と呼ばれるものの場合はなかなかそうもいきません。
今となっては読まない古書もたくさんあるでしょう。
なかなか買い取りしてもらえないことから、やむなく捨てている人もいるのではないでしょうか。
しかし、依頼する場所を変えれば、古書もしっかり買い取ってもらうことができるのです。

古書を買い取ってもらおう

お札

最近の若い人の家にはあまり古書がないかもしれませんが、実家には祖父母の時代から残っているような古書があるかもしれません。古書専門の買い取り店もありますので、いらなくなっても捨てずに査定してもらいましょう。

Read more

買い取り金額の査定

トレイにのっているお金

古書の買い取りを依頼する場合、その店舗によって買い取り金額は変わってきます。せっかくの一冊を手放すことになりますので、しっかり納得いく金額で買い取ってくれる店舗を探すようにしましょう。

Read more